大学附属病院内科助手(糖尿病専門)のひとりごと


糖尿病専門外来を引き継いで、9ヶ月。まだまだ奥が深いです。
by koby0207
以前の記事
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2005年 12月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2004年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧


明日から中国上陸です

明日から教授のお供で上海にしばらく行ってきます。
中国は初体験。またかわったものを撮りまくってアップしますね。
[PR]

by koby0207 | 2004-11-25 11:24 | 医師として

脂肪肝

最近は肝臓病学会でも脂肪肝がトピックスになっています。

『ちょっと前には脂肪肝なんて病気に入らないって言ってたじゃん』
と思わず突っ込みたくなるぐらい脂肪肝、脂肪肝って
みんながやってます。

ちなみに脂肪肝の診断はまずは超音波検査から入ります。

血液検査で異常がなくても脂肪肝があることが結構あります。
やや体重が多い人では
血液検査が正常であっても脂肪肝があると言うことです。

ちなみに糖尿病(軽度であっても)やコレステロールや中性脂肪が
高い人ではほとんど80%以上の人で脂肪肝があるようです。

一度は超音波検査を受けてみませんか?痛くもないし、お勧めする検査の
一つです。
[PR]

by koby0207 | 2004-11-24 19:05 | 医師として

脂肪肝について2

脂肪肝の原因はいろいろありますが
基本的にはエネルギーの過剰につきます。

食べたカロリーよりも消費するカロリーが少なければ
皮下脂肪になると同時に肝臓へ脂肪が沈着します。

とくに女性であれば吸収が早い糖分が
男性であればアルコールと一緒に取ったエネルギーが
たまることが主たる原因です。

女性の場合
もちろん体質的なものは否定はできませんが
過剰な間食やフルーツなどの過剰摂取と
運動の量の少なさがほとんどを占めています。

間食などから摂取する糖分は、吸収されるスピードも
早く、すぐには消費されないので肝臓へ取り込まれてしまいます。
最初はグリコーゲンとして肝臓へためられますが、
グリコーゲンでの貯蔵には限度があるので
次第に脂肪での貯蔵がはじまります。

からだにカロリーをためるには脂肪は僅かの量でためるには
最適な物質なので、どんどん脂肪へ変化して行くのです。
脂肪は高カロリーなのでなかなか分解するにも
エネルギーを大量に消費する必要があります。

少々の運動ではなかなか消費されません。
[PR]

by koby0207 | 2004-11-23 11:04 | 医師として

ボストン風景

ボストン学会での風景
b0010873_1895753.jpg

b0010873_18101474.jpg
b0010873_18102821.jpg
[PR]

by koby0207 | 2004-11-22 18:10 | 写真集

脂肪肝について

人間ドックのエコー検査をしていて思うこと
正常のひとが本当に少ないです。
それにしても最近は脂肪肝のひとが
相当多いです。ほとんど脂肪肝!!

人間ドックに来る人は比較的健康に関心を
持っている方が多いと思うのですが
50才以上であれば8割以上が脂肪肝があります。
30才以下でもでも半分以上脂肪肝があります。

脂肪肝自体は痛みがでたりはしないのですが
最近はNASH(ナッシュ)という肝硬変に進行する脂肪肝が注目されています。
また単なる脂肪肝であっても、血糖値やコレステロールが
高い人が多いので、脂肪肝といえども治療が必要です。

すこし脂肪肝のことについてブログしていこう。


[PR]

by koby0207 | 2004-11-22 17:55

今日は連休の谷間

今日も朝から一所懸命
腹部エコーと内視鏡検査(胃カメラ)をやっておりました。
大学以外の病院のお手伝いをしておりました。

かなり忙しい病院で、人間ドックが非常に多い
病院ではあるので、ほとんど健康と思って
こられている方なんです。
忙しいけど検査だけする担当でしたので
気持ち的には楽なんです。
[PR]

by koby0207 | 2004-11-22 17:47 | 医師として

ひざびさ日曜日当直です

10月11月にはアメリカなどの学会で
日曜日に当直行くことがほとんどなかったのですが
ひざびざに当直です。

今のところ非常に落ち着いておりまして
このままのペースで落ち着きまくってほしいものです。

ただここの病院は
当直室の環境が劣悪で、、、。
地下にあるのでこの時期なのになぜが湿度が高いし
当直室のベットにはダニも噂があるし
ポットもなく、コーヒーもラーメンも食べられない、、、。
一時期クーラーが壊れていたこともありました。

ただこの病院は
自宅に近いこととインターネットが(光)であることは良い点ですね。
[PR]

by koby0207 | 2004-11-21 19:41 | 医師として

お酒のトリビア

お酒をよく飲むは
........................................
........................................
..........................................
直腸がんが多い。
[PR]

by koby0207 | 2004-11-21 08:40

盲腸のトリビア

晴れの日は
........................................
........................................
........................................
.......................
盲腸(急性虫垂炎)が少ない。
[PR]

by koby0207 | 2004-11-20 08:36

アルコールのトリビア アルコール分解の時間

そろそろ忘年会?
少し早いかもしれませんがアルコールについてかかせていただきます。

現在、道路交通法で飲酒運転は厳しく罰せられますし
非常に危険です。自分だけでなく、他人にも大きな迷惑を
かけること注意しましょうね。

さてアルコールの分解についてですが
思った以上に時間がかかることをぜひ知っておいていただきたいと
思っています。

体重1キロにつき1時間にアルコール0.1グラム
缶ビール350mlをすべて分解するのに体重60キロで
3時間程度かかってしまいます。

350×0.05/0.1×体重です

大びんだとさらに倍。

つまり夜の7時に飲んだジョッキ2杯で、夜の12時までは
車に乗ってはいけないのです。

参考になりましたでしょうか?
[PR]

by koby0207 | 2004-11-19 19:23